苦しいのに、そこに留まっている意味が分かりません。

by ざきやま MINDSET

こんにちは、ワタナベサヤカ(@nochi_arata)です。

タイトルから煽りだしてすみません。これも私の経験から感じたことなので、炎上は勘弁してほしいです。(プチ炎上くらいなら歓迎。笑)

今回はタイトル通り、苦しいと感じているのにあなたがそこに留まってる意味が分からないって話です。

でもこれ、なにもあなたを責めたいわけではありません

どうして自分の心の声は無視するの?
どうして自分のことは守らないの?
どうして自分のことを大切にしないの?

…そんなお話です。

ここに私の過去話は一切出てきませんが、機会があったら書きたいと思っているのでしばしお待ちを。では本編に行きます。

※もう既に休んでるよ、ちゃんと逃げられて時間が余ってるよという人は、ぜひ下の記事もチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

苦しいって思ってるなら、なぜ逃げ出さないの?

人それぞれ、苦しいと感じることや環境は異なります。今までずっとそうだったのかもしれないし、変化して苦しくなったのかもしれない。それまでの経過もさまざまです。

でもあなた自身、いま苦しいって思ってますよね?

そこで私には1つの疑問が浮かぶわけです。

苦しくて辛いのに、なぜそこから逃げ出さないのですか?

「苦しいからといって逃げてたら、この先の人生も逃げるばかりになる」
「自分1人なら逃げたいけど、家族や恋人を守らなければいけない」
「石の上にも三年って言うし、がんばりたい」

私が苦しい思いをしたときに言われたことや思っていたこと、そしてなんとなくの気合です。おそらくあなたも同じようなことを考えてるのではないでしょうか?

”たった24年しか生きていない子どもが何を言っているんだ”と思われるかもしれません。でも言わせてください。

次にまた逃げるかどうかなんて、この先のあなたの選択によります。

そこで無理にがんばろうとすると、病気になるかもしれません。そしたら誰も守れませんし、むしろ人に迷惑をかけることにもなります。

石の上にも三年なんて、それをなんとなく達成したところで何が得られると思いますか?

ひどく苦しい思いをしてまで成し遂げたい何かがあるなら別ですが、なぜ素直に逃げないのか、私には理解ができないのです。

関連記事:誹謗中傷は絶対ダメだけど、落ち込まないようにする方法もある。

「誰かのため」…なら自分のことは誰が守るのか

ここで挙げた3つのうち、”自分1人なら逃げたいけど、家族や恋人を守らなければいけない”という理由が、圧倒的に多いでしょう。

こうやって誰かのために自分を犠牲にすることを「自己犠牲」というのですが、詳しいところまで深堀りすると長くなってしまうので調べてみてください。

私も過去に自己を犠牲にして、人にやさしくしていました。正直、助けられた人も多いと思います。でも私自身が苦しくなっていきました。

生きてるのが辛くなるほどの時期が2~3年程度あったのですが、その間も「誰かのため」に縛られることになるのです。

そこで気づきました。

”誰かのためと生きてきた自分のことは、いったい誰が守るのか?”と。

私はその環境から逃げられたことによって、いまとても幸せです。自分の選択にどこか後悔はありつつも、間違っていなかったと胸をはって言えます。

こんなに幸せに暮らしているいまを考えると、本当に「苦しいことから逃げるなんて間違いなのか?」「誰かを守るために逃げずにがんばらないといけないのか?」と思います。

そんなの後付けの理由として、なんとでも言えるから。

この文章を読んで怒りを覚えたりするなら、もう一度、”誰かのために逃げられないなら自分のことは誰が守るのか?”という問いに向き合ってみてください。

自分のことを大切にできない奴に、他の誰かなんて守れない

結論、私が出した答えは「自分のことを大切にできない奴に、他の誰かなんて守れない」でした。

自己犠牲しながら助けた誰かは、他の人よりも優しいあなたに依存していくでしょう。

自己犠牲する人は、頼られてすごくうれしく感じます。もっと助けたいと思います。そしてまた自分のなにかを削って、その人を助けます。

”自分を大切にできない奴”なんて言いましたが、そうなってしまう人間の多くが優しいからなんですよね。それも分かってます。

このループに陥って逃げられなくなってしまっているなら、それで苦しい思いをしているのなら、心が壊れてしまう前に逃げてほしいです。

関連記事:DaiGoとカジサックに学ぶ!今の辛い環境をたった3秒で変える方法

”苦しいのに、そこに留まっている意味が分かりません”なんて辛口に言ってしまいましたが、過去の自分に話したいことでもあります。同じような経験をしているから、歯がゆいんです。

正直、あなたがどんなに苦しんでいても外部の人間は手を差し伸べられません。だからこそ、あなた自身でこのことに気づいてほしい

逃げるのが悪だと考えているならそれ以外の道だってあります。

無責任な人の言葉に左右されずに選択肢を広げて、これからは自分の道を”自分で”決めていってみませんか?

そんなあなたにおすすめするのが、ライティング。最初はスキルもあまり必要なく、簡単に始められます。

気になったら下の記事を参考にしてみてくださいね!

いや、やりたいことはあるんだけど続かないんだよね…という方は、こちらもおすすめです。

関連記事:やりたいことなのに継続できない?3日坊主が継続できた3つの方法とは

コメント

タイトルとURLをコピーしました