ライターはどれくらい稼げる?時給1万円も!?

お金

こんにちは、ワタナベサヤカ(@nochi_Arata)です。

ちょっと前の”会社員よりもフリーランス”みたいな流行から、ライターって多くなりましたよね?

その影響なのか、友人からライティングを始めたいという相談をよくいただくんです。

まあ私ができてるくらいなので簡単に稼げてると思われているんでしょうが、みなさんまあまず報酬面について聞いてきます。

おい、お前ら!
人にいくら貰ってるのかなんて聞くもんじゃねえぞ!!!!

…ということで、ライターって実際どれくらい稼げるの?ってことについて話していきます。(話すんかい)

ただライターの水準みたいなものではないので、あくまでもワタナベサヤカの経験談ということでご理解をお願いします。

スポンサーリンク

WEBライターとしての経歴と当時の受注金額

一般的なイメージとして”WEBライターは”安い単価で記事を受注する”、”個人プレー孤独”、”ひたすらPCの前にいる”って感じではないでしょうか?

実際そんな感じです。ライティングスキルが向上しても、営業や交渉が下手であれば稼げません。

それにマジで孤独だし、相談できる人は自分で作らないといない状態です。

思ったよりも厳しい職業だな~と個人的には思うのですが、せっかく今までライターとしてやってきたので経歴とその時期の平均的な受注金額をまとめておきます

今からライターとして活動する人も、なかなか伸び悩んでいる人も参考にしてみてくださいね!

ライター1年目の私

いわゆる「初心者ライター」のうちは、金額感を意識することはありませんでした

というのもライターを始めた当時はまだ建築学生だったので、初めての受注は「友人の作品を言語化する」というもの。

この時期は自分の書いた文章にお金が発生することに幸せを感じていたので、金額は二の次。本当に低価格で請け負うことが多かったです。

  • 平均的な単価は1~1.5円/文字
  • 3000字程度の記事が中心
  • 企画、構成、執筆、校正、画像選定、入稿業務

今考えると恐ろしいですが、この金額で原稿を仕上げていました。

ちなみにこれはメディアで書かせていただいてたときの平均額です。無知って怖いですね。

ライター2年目で初めて交渉する

ライター2年目になると、どの業務の流れは掴めるようになります。

そこで新たに他のメディアに営業をかけたり、実績をまとめるHPなどを作成したりしました。

ライター2年目のライティング業務と平均的な報酬は、以下のような感じです。

  • 平均的な単価は1~1.5円/文字
  • 3000字程度の記事が中心
  • 企画、構成、執筆、校正、画像選定、入稿業務

よく”文字単価1円あれば、記事数をこなすことで本業にもできる”なんてメディアで書かれていますよね。

たしかに間違ってないとは思うのですが、私はタイピング速度が遅いので、やっと「1円ライター」となった2年目でもまだまだ副業レベルでした。

ちなみにこの時期は1日のうちに食事とトイレ、お風呂以外はずっとPCの前にいた気がします。

ちょうどこのあたりで、初めてお世話になったメディアでの単価交渉が成功。

0.3円から1円に上げてもらったときは「自分の文章力が肯定」されたようで、自信がつきましたね。

ちなみに私の場合は、継続することで過去の自分が報われた感があります。

もし継続が苦手なら、以下の方法を試してみてくださいね!

現在のライティング受注金額

では2020年、現在のライティング受注金額をお伝えします。

ただありがたいことに仕事の量が増えてきているので、業務内容と文字数、記事数によって金額差は大きいです。

  • 平均的な単価は4~5円/文字
  • 2000字~10000字の範囲
  • 企画、構成、執筆、校正、画像選定、入稿業務、取材など

ちなみに専門性の高い分野であれば、報酬もさらに高くなります。

関連記事:ライティングで5万円稼ぐためにやったこと

ぶっちゃけどれくらい稼げる?ライティングで時給換算してみた

そもそも時間を提供して稼ぐ「時給制」と、成果物を納品して稼ぐ「歩合制」とは稼ぐ方法が異なります

時給を意識しても微妙にズレるので、本当はあまり気にしなくていい部分ではありますね。

ただ時給換算してみると指標や目標になりモチベーションのアップにもつながるので、初めのうちは時給で比較してみるのも良いと思います。

たとえばこのお仕事。ジャンルは得意なものと仮定しましょう。

  • 2000文字の記事/10000円
  • ライティングのみ(構成完成済)
  • 画像選定なし

3年程度ライターをやっていると、もちろん調査はしますがKW選定のコツを掴めていますよね。

しかもこの場合は構成が完成しているので、結論とゴール設定はしなくて大丈夫。

となると、「書く時間」だけを時給で計算することになります。

今のところ私は1時間あたり2000字くらいなら書くことができるので、ざっと計算しても1時間で1万円の報酬となります。

つまり…時給1万円!!!!!!

もちろん日々の勉強は欠かせませんが、ライターは継続さえできればかなり稼げますしスキルも身につくのでかなりおすすめです。

関連記事:読書で得られる本当のメリット?年収を上げるために必要な本の数とは?

ライターの相談募集してます

実は編集プロダクションを運営していたことがあります。

さらに、以下の人を対象にライティングの講師もしています

  • ライターを始めたい人
  • ライティングを始めてみたけど、今後どうしていいか分からない人
  • ライティングについて悩んでいる人
  • SEO対策って何ですか?という人
  • 真面目な文章しか書けないという人

講師業では読みやすい文章や請求ポイントを絞りだす方法など、自分が過去に悩みまくったことについて解説

そしてライターになる前にも紆余曲折していたので、その経験から「やりたいことが分からない…」という方に向けたワークショップもやっています。

詳細はお問い合わせか、TwitterのDMへご連絡ください!

もちろんライティングのお仕事も募集しております。詳しくは以下を参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました