【当事者が回答】リスロマンティックは結婚できない?よくある質問に答えてみた

SEXUALITY

こんにちは、ワタナベサヤカ(@nochi_arata)です。

最近”性の多様化”が広く理解されるようになり、LGBTにとって圧倒的に生きやすい世界に変わってきていますよね。

でもまだまだ知識として浸透してないものも多く、自分が何者なのか悩みながら生きている人もいるのが現状です。

そこで今回はLGBTに分類されるなかでもマイノリティな、”リスロマンティック”について解説していきます。

↑動画でも解説しているので、音声で聞きたい方はYouTubeへどうぞ!

当事者だけではなく「リスロマンティックという言葉だけ聞いたことがある」という方、今初めて知ったという方にもおすすめの記事なのでぜひ最後まで読んでみてください。

この記事では、
  • リスロマンティックの意味
  • リスロマンティックあるある
  • 当事者の考え方
を知ることができます。
スポンサーリンク

リスロマンティックの感覚ってどんな感じ?

リスロマンティックとは、自分が好きだと思った相手からの恋愛感情は望まないセクシュアリティです

みなさんが疑問視することもないような「両想いになりたい」という感情がほぼなく、リスロマンティック当事者はよく片思いで眺め続けているのが最高の幸せなんだと言います。

例えるなら、ウエディングドレスがショーウィンドウに飾られていたときに似ているかもしれません。

ワイ
ワイ

わ、なにこの可愛いドレス!

今すぐ街中で着ることはできないけど、ずっと見てたい!

「いつか着たいな」と思うのが一般的な感覚だとすれば、リスロマンティック当事者は「着てと言われたら萎えるけど、ひたすら見ていたい」といった感覚です。

おそらく理解しがたい内容だと思いますが、ドレスの話に置き換えてみれば経験したことがある人もいることでしょう。

好意を寄せている相手の焦点が自分にあってしまったとき、熱烈な想いもすぐに冷めてしまうセクシュアリティがリスロマンティックなのです。

リスロマンティックへのよくある質問に答えてみる

ここからはリスロマンティックの人がよく聞かれる質問について、当事者目線で答えていきます

ワイ
ワイ

ネット上でもまだ体験談が少ないセクシュアリティなので、お悩み解決の参考になれば幸いです。

彼女がリスロマンティックで正直悩んでいます

YouTubeにてセクシュアリティに関する動画を更新すると、今でも100件近くのコメントをいただきます。その中で多いのが、”パートナーがリスロマンティックで悩んでいる”といったものなんです。

質問のほとんどが「交際中の彼女がリスロマンティックで彼氏が悩んでいる」といったもので、私の体感では高校生くらいの年代がよく質問してくれます。

たしかに継続的に顔を合わせる人が40人程度いるクラス制度のなかで、人と違うということはかなりの恐怖をもたらしますよね。

実際私も高校生くらいの頃には、言葉に出会っていないだけでリスロマンティックだったなと思うことがチラホラありました。

  • 好きだと思うと周囲にすぐバレる
  • 大好きな人と付き合えたのに相手からの行動に引く
  • 独占欲を見せてくる恋人に気持ち悪さを感じる
  • すぐ関係を終えたくなる
  • 「男好き」と言われて同性から嫌われる

これは特に高校生などの多感期にリスロマンティック当事者が悩みやすいものでしょう。ちなみにここ記載したものは、実際に私が悩んでいることでした。

例えば「大好きな人と付き合えたのに相手からの行動に引く」というのは、”ハグ”や”キス”を相手からされたくないという感じ。

恋愛過程において大事なスキンシップだということは理解しているのに、どうしても嫌なのです。生理的に受け付けないというものに近い感覚で、反射的に嘔吐してしまう人もいるのだとか。

ちなみに、私がこの中で最も辛かったのは「男好きと言われて同性から嫌われることでした。

ワイ
ワイ

高校生のころは男性とあまり話せなかったピュア女だったことが、問題を引き起こす要因の1つでもありました。笑

「隠れビッチ」「清楚ビッチ」とかよく言われていました。ロールキャベツ男子みたいな感じで、見た目と中身のギャップを悪口にされていたみたいなんですよね。

こういった経験で多少なりとも傷ついた私が言えるのは、”当本人以外は悩んでも仕方ない”ということです。

彼女の立場になれば分かると思いますが、付き合ってる相手(あなた)に対して「実はキスされるのが気持ち悪い」なんて言えますか?

実はリスロマンティック当事者が”パートナーという立場の人にカミングアウトして相談する”のは、すごい勇気がいることなんです。彼氏のことをしっかり信頼しているのでしょう。

だからこそ一緒になって悩むのではなく、「嫌なことがあったら言ってね」とか「話だけならいつでも聞けるからぶちまけちゃって!」といったような励まして支える返答がおすすめです。

リスロマンティックの結婚は難しいの?

これはぶっちゃけちゃうと、どんな意図で質問されているのかが分かりません。…というのもリスロマンティックは恋愛感情を相手に抱くことができるので、結婚することは可能だからです。

ただしこの質問者が当事者なのか当事者のパートナーなのかで、答えは少しだけ変わります。

あなたがリスロマンティック当事者でこの質問をしたのであれば、あなたは他に性嫌悪があったり別のセクシュアリティを持っていたりする可能性があります。

もしあなたがリスロマンティック当事者のパートナーであれば、無意識だったとしても”交際中の相手に逃げられるかもしれない”という感覚を持っている可能性があります。

ワイ
ワイ

ここでいう”逃げられる”というのは、恋人のスキンシップを避けられるという意味です。

お互いが結婚を意識しているのであれば、そこにあるのは不安だけなのかなと思います。

リスロマンティック当事者の気持ちが割り切れるまで、結婚は見送るという決断が正しいかもしれませんね。

性別関係なく他人に心を開けないんです…

リスロマンティックは「性別関係なく他人に心を開きにくい」ことがあります。

こう感じてしまう原因は、当事者が周囲から受ける好奇の目などが原因かもしれません。

私も同じように感じていた過去があるのですが、当時は好意を持たれても応じることができないという申し訳なさから心を閉ざしていました。高校時代の友人は片手で数えられるほどです。

こうなると会話をしていても自分だけ遠くにいる感覚があり、実際に仲良くなるまでに時間がかかります。

ワイ
ワイ

これは絶対に直したい。

そこで自分を守るために効果的だったのは、「情報量でカバーする」ことでした。

気まずい空気が流れてしまうのは止められないので、話のタネになるような相手の情報を詰め込むことでテンポよく会話ができるのです。

他人に心を開きにくくて困っているなら、情報量でカバーしてみて。

私はフリーのお客様でも会話の中から情報を受け取り、必ずお帰り後にメモしてた。

人見知りでも相手の情報を持ってれば、形式的にでも会話は続くの。

あとは愛嬌で何とかなる。 私生活なら、SNSをチェックしてから相手と会うのも◎

ワタナベサヤカ|ふっ軽社長ライター

「仲良く話す」ではなく「相手の情報を聞く」といったように目的のすり替えを行えば、表面上は心を開いて話しているような感じになります会話が楽しいと感じられる余裕が出てくれば、自然と親しい関係の人から心を開けるようになりますよ。

それで私は水商売で働けるくらいに会話好きになり、人懐っこい愛嬌のある性格になれました。

リスロマンティックを動画で知りたい!

本日は3つの質問について答えましたが、好評だったらシリーズ化して記事を投稿していきます。

リスロマンティックについて詳しく知りたいという方は、ぜひ私のYouTubeチャンネルをフォローして動画を観てみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました