ブログを始めると得られるメリット5選

ブログ

こんにちは、ワタナベサヤカ(@nochi_arata)です。

いきなり質問ですが、今さらブログ書くのは遅いと思いますか?

私は行動に移したその時が、始めるタイミングだったんだろうなと思う派
その瞬間に、遅いも早いもないんじゃないかなって気がするんです。

そこでこれからブログを始めたいと思っている人へ、ブログを始めると得られるメリットをまとめていきます。

まだ手を付けてすらないよって人も、せっかくなのでこの記事を最後まで読んでみてくださいね!

ここでは、”ブログを書くことが自分にどのような効果をもたらすのか?”が分かります。

スポンサーリンク

誰かに届ける=事象の客観視ができるようになる

ブログを初めて書こうとすると、多くの人が過去の経験から書けそうなものを探します。

経験そのものや学んだものを誰かに届けるために書くわけですが、このフェーズではさまざまな見方が必要。つまり、第三者の視点が大切なんですね。

独りよがりの記事になってしまうと、共感性皆無の誰にも読まれない記事になってしまいます。

自分の目で見て感じたこと”と”客観視して感じたこと”、この2つってかなり違います。

誰かに届ける前提で情報に触れられるようになるので、事象の客観視ができるようになるのです。

関連記事:【祝・ブログ始めて1か月】書いた記事数と文字数は?各数値を発表して自分に鞭打ちます

”深”思考から”新”思考が生まれる

実際にブログを書こうと思わなければ、そのまま忘れ去られていたかもしれない情報。

それを掘り起こして本質について””く考えたり、””しい視点で捉えなおしてみたりすることで記事のヒントになりますよね。

それってきっと今までとは比べものにならないくらいに、1つのことについて”深く”思考してそこから”新”しい発見をしているのではないでしょうか?

これから先の情報の捉え方や思考の仕方が変わってくるのも、ブログのメリットです。

受け取る情報量が多くなる

今は情報過多で、選択力がない人なんかは個人的なSNSでも消耗する時代。情報発信者になるということは、誰よりもはやく情報を受信する必要があります。

そしてブログの場合は特に文量が多いものなので、受信した情報を整理して、次の受信者に分かりやすく配置しなおす作業が必須ですよね。

私にとって知らない情報にたくさん触れることは、かなりのメリット。受け取る情報量に頭さえ追い付けば、思考の幅が広がるからです。

逆にこれが苦手と感じるなら、ブログはやめておくべきかもしれませんね。

未来の自分へヒントを与えられる

受け取った情報が現在に活用できていないものでも、将来の自分にはかなり役立つ内容だったりします。実際、それをメモしているのがブログなんですよね。

大人になればなるほど経験値は高まりますが、子どもであるほうが物事の受け取り方や考え方は柔軟。

ブログの文章なら他の人にも分かりやすいような内容になっているはずなので、あとで自分で読み返したときに過去の自分からヒントを貰えるかもしれません。

ワイ
ワイ

記憶や思考の積み立てが、未来の自分を助けるなんて最高!

文章を書くのが単純にうまくなる

何度も記事を書いていると、大体の文章の流れが把握できるようになります。どんなテンポで文章を書けば読みやすいのか、文末の重複などにも気を配れるようになるのです。

整っている綺麗な文章のほうが読みやすいですし、ブログでいうなら離脱率を減らすことができますよね。

私はライターからブロガーになっているのであまり実感はしていないのですが、初めてブログでしっかりと文章を書くという人は成長を感じられるはず。

読ませる文章を書けるようになることは、ブログ継続のモチベーションにも繋がります。

さらに他の仕事にも応用できるスキルが身につくので、ぜひこの機会にブログを始めてみてはいかがでしょうか?

ワイ
ワイ

一緒の時期に始めたよって人は、ぜひ声かけてください!

共にがんばりましょう!

さらにライティングに自信が出てきたら、ライターにも挑戦してみてください!

以下ではブログを始めたことで起きた事件を愚痴っているので、暇だったら覗いてみてね。笑

関連記事:A氏「なんでブログ始めたばかりなのに自分語りしてるの?」私「ダメですか?^^」

コメント

タイトルとURLをコピーしました